無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

ヴァイオリン等の弦楽器の防音室で気をつけること


ヴァイオリン等の弦楽器の防音室で気をつけることとは

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスといったヴァイオリン属の楽器や、アコースティックギターは人気の高い楽器です。

自宅で練習したいという方も少なくないでしょう。

ここではそれらの弦楽器のための防音室を選ぶ際に気をつけることを楽器ごとにご説明します。

ヴァイオリン、ヴィオラの防音室

ヴァイオリンとヴィオラはヴァイオリン属の楽器の中でも小型で、比較的小型の防音室でも広さは問題になりません。

1.2畳といった小さなボックスタイプの防音室でも練習でき、1.5畳もあれば譜面台を置いても多少の余裕があります。

大きさという点で重要なのはむしろ広さより天井の高さになります。

天井が低いと弓が天井に当ってしまいます。 演奏する人の身長にもよりますがせめて210cm以上は天井の高さが必要です。


防音性能に関しては、これらの楽器は高音や中音部を担当する楽器のため、出す音は比較的防音室でカットしやすい音域です。

また、手に持って演奏する楽器なので、演奏者自体が音を吸収して床には振動が伝わりにくく、床部分はさほど防音性能が高くなくても問題ありません。

狭い防音室でも問題ない分、重要なのは音響です。

これらの楽器は響きがある方が好まれますが、小さな防音室内であまり音を響かせすぎるとすぐに疲れてしまうので、適度の音響を得る事が重要になります。

チェロ、コントラバスの防音室

これらの楽器はバイオリン属の中でも大型の楽器なので、バイオリンやヴィオラよりも広めの防音室が必要になります。

特にコントラバスは、広さと高さが両方必要で、狭いと防音室内に楽器を運ぶだけでも苦労します。

広さは少なくとも2畳以上は欲しいところで、ヴァイオリンやヴィオラのようにボックスタイプでは大きさ的に厳しくなる場合もあります。

音も、よく響く重低音を出す楽器のため防音性能もワンランク上の物が必要になり、床にピンを立てて演奏する楽器なので、床にも防音が必要になります。

防音室の設置も階下に寝室がある部屋や、隣家と隣接する壁のある部屋は避けた方が無難でしょう。

アコースティックギターの防音室

クラシックギター、フォークギター等のアコースティックギター(アコギ)の防音室はさほど広さを必要としません。

音の大きさもヴァイオリン属に比べると小さくなります。

ただし、クラシックギターはチェロのような低音部を出すため、やや防音しにくい音になります。

チェロのように床に直接楽器が触れることはないので、床への振動はあまり気にしなくてもよく、階下への影響はチェロのように考慮しなくてもかまわないでしょう。

フォークギターは楽器自体の防音はしやすい楽器になりますが、弾き語りをする事が多い楽器なので、音響に気をつけた方が良いでしょう。特にレコーディング(録音)までするのであれば、響かせるより音を吸収するようにした方がレコーディングに向きの音響になります。

弦楽器は上記のとおり楽器ごとに特性が変ってきますので、それぞれにあった広さ、防音、音響を考えて防音室を選ぶようにしましょう。

まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.