無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

ピアノ防音室作成前に知っておくべきこととは?

ピアノ(グランドピアノやアップライトピアノ)は人気が高い楽器ですが、防音がしにくい楽器の一つでもあります。

そんなピアノの防音室を作成する前に注意すべき点をご説明します。

音が大きく音域が広いため、高い防音性能が必要

ピアノ(グランドピアノ・アップライトピアノ)は非常に音が大きく、音域も低音から高音まで幅広い楽器です。

近隣への影響を考えると、できれば元々の防音性能が高い部屋に防音室を作ったほうが良いでしょう。

特に、隣家と壁が接近しているような部屋への防音工事や防音室の設置は注意が必要です。

また、ピアノは床への振動が強いため、床の振動対策もかなり重要になります。

一般に防音に強い鉄筋コンクリートも振動は伝わりやすいため、近隣に響いてしまうこともありえます。
(個別の建物の状況により振動の伝わり方は一概には言えません)

ピアノの防音室の床はやわらかい素材を選びましょう。 振動を吸収するインシュレーターをピアノの足に取り付けたり、防振マットを敷いたりするのも効果的です。

振動への対策でピアノの防音はかなり変ってきます。

大きく重量があるため、移動が難しい

ピアノは知ってのとおり非常に大きく、重量のある楽器です。

特にグランドピアノは防音室も相当の広さが必要で、重量も非常に重く、移動が困難です。

このため、事前にピアノの運搬についての打ち合わせが重要で、段取りよくおこなわないと防音工事も数日延びる可能性があります。

防音室と一緒にピアノを購入する時はスムーズに搬入できるよう注意してください。

YAMAHA(ヤマハ)のルームタイプの防音室は、部屋等の状況にもよりますが、ピアノを外に運び出さなくてもよく、すでにピアノがある部屋に防音室を作る場合は多少楽になります。

「オーダーメイド」でピアノ防音室を作る場合は、防音業者さんとよく相談して工事をおこなうのが良いです。

また、ピアノはデリケートな楽器ですから、動かす時に音が狂う事もあります、防音室の設置後は一度調律すると良いでしょう。

後からピアノを動かすのも大変なので、防音室内に棚などを作る際などは、ピアノを弾いていて邪魔にならないか、といった事も注意しておきましょう。

適切な音響が無いと良い音がでない

ピアノの防音工事や防音室では「音響」も重要になります。

防音室の中で気兼ねなく演奏しているのに、心地よい音響が得られないと音の魅力が半減してしまいますし、音の大きい楽器だけに、あまり反響が多すぎては長時間の演奏では疲れてしまいます。

適切な音響を得ることが重要です。

また、ピアノの音は指向性があるので、設置位置も音響に関わってきます。

こだわる場合は、ピアノの前後左右それぞれの方向に合った音響が得られるようにしましょう。

向きによって必要な音響が違うこともピアノを動かし辛い要因の一つです。

設置後にピアノを動かさなくても済むようにしてください。


これら、ピアノの運搬、防音室と部屋/建物全体を考えたトータルな防音、適切な音響設定。

防音工事や防音室の作成前に、これらはしっかりと防音業者さんに相談し、確認しておきましょう。


まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.