無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

良いホームシアター作成のため、防音業者に事前に依頼すべき事

近年は地上デジタル放送の移行やブルーレイの普及により、ご家庭で簡単に高画質、高音質の映像コンテンツが楽しめるようになりました。

それにともない、自宅で映画館気分を味わえるホームシアターが少し前からブームとなっていますね。

ここでは、そんなホームシアターの防音室について注意すべき点、防音業者に依頼すべき事をご説明します。

ホームシアターはリラックスできる空間にする

楽器演奏用の防音室と違い、ホームシアタールームではゆっくり、リラックスしてくつろぐ空間になります。長時間居ても疲れない、居心地のいい部屋にしなくてはなりません。

ホームシアターの施工時に特に重要となるのが照明です。

ホームシアターの防音室は一般的な直接照明ではなく、間接照明もとりいれた方が、雰囲気もより映画館らしくなります。

また、必要に応じて光の量やパターンを変更できるように、照明は単なるスイッチではなく、調光パネルにしておくと良いでしょう。

最近ではLED照明の普及により、間接照明、調光が格段に進歩していますね。

そして、照明と同様に重要になるのが空調です。

ホームシアターでは、通常の空調だと音の邪魔になるため、消音空調の導入をオススメします。

こだわるならば、ダクトタイプの消音空調にすれば、より音が静かになり、室内のデザインを損なうこともありません。


照明の大がかりな工事や、ダクトタイプの空調は後から追加でおこなうのは難しい場合もあるので、事前にしっかりとホームシアターが得意な防音業者と打ち合わせ、満足いくものを最初から導入したいところです。


また、ホームシアターでは、非常にリモコンの量が多くなりがちなので、AV機器、調光、空調が、できるだけ一つのリモコンで操作できるようにしておくと便利です。(一つにはまとまらない場合もありますが)

防音、防振、音響をしっかりと

ホームシアターでは、低音から高音まで大きな音を出すため、高い防音性能が必要となります。

窓などは防音性能の確保のために全てコンクリートで塞ぐこともあるので注意しましょう。 この点は照明がしかっかりしていればストレスにはなりにくいでしょう。

防音で重要になるのは振動対策です。

特に重低音を補うサブウーファーに関しては、防振なしでは、真上の部屋では地震が起きたかと勘ちがいする程振動が発生することもあります。

ホームシアターの防音室は床、天井、壁、全てに万全の防音、防振を施す必要があります。


また、ホームシアターでは、前後左右からスピーカーで音を鳴らし、部屋の中心でその音を聞くという環境のため、楽器の演奏用とはまた違った音響が必要になります。

部屋の形が少しでも違うと、スピーカーの設置位置、反響により音響が変化するため、ホームシアターに関するしっかりしたノウハウを持った業者に依頼しましょう。

これらのように、ホームシアターは楽器とはまた違った防音室が必要になります。

特に、楽器用と違う「住環境としての快適さ」には注意を払ってください。

防音対策は当然ですが、照明と空調に関しても妥協せず、事前にしっかりと業者と打ち合わせる事がホームシアター作りの重要事項です。

まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.