無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

防音ドアの効果について

防音ドアというと「どんなドアだろう」と思う人もいるかもしれません。
防音ドアは、身近な所で言えば「カラオケボックス」「スタジオ」などに使用されているドアです。「ちょっと重めで、閉じると中の音が聞こえにくいドア」と言うと解りやすいでしょうか。

ドアと壁を比較してみると解りますが、壁と比較してドアには厚みがありません。

また隙間もありますので、そこを通して音が外に漏れてしまうことが多いのです。この点を改善するために防音ドアを作ります。

防音ドアの効果については、ドアの厚さなどによりますが、中にはトランペットなどの金管楽器の音を防音することができるほど強力なものもあります。どんな種類の防音ドアをつけるかは用途によって選ぶ必要があります。

防音ドアの仕組み

防音ドアの基本は、「壁とドアにある隙間を、できる限り少なくすること」です。

音は隙間から外に漏れることが多いので、この隙間をできるだけ小さくすることで、音漏れを無くします。隙間に当たる部分をパッキンで覆ったり、ドアの材質に「遮音シート」「吸音材」を使ったりなどが、具体的な方法となります。

具体的な商品名で言うと、エービーシー商会から発売されている「エスプルード」と言うオーダー製防音ドアは、音を吸収しやすい多孔質素材を使用することで吸音効果を高め、さらに特殊根太を加えることで「イーウール防音システム」を実現。高い防音性を実現しています。

また、商業的な建物で利用されることが多いヤマハの防音ドアは、「ガラスを二重に取り付ける」「ドアの底部分に二重にしたパッキン取り付け」などを行うことで防音を実現。木製で部屋の雰囲気を損なわず、薄くて軽いというこだわりも加えられています。

防音ドアの費用

防音ドアは決して安いものではありません。値段は大体10万円から20万円、高いものだと30万円を超えます。これに取り付け費用が別にかかることを考えると、「高い買い物である」と言うことは確かです。

この為、近年は「DIYの手作りで防音ドアを自作する」ということに挑戦する人が増えています。これは、ホームセンターなどで材木を購入し、それを使ってドアを作ってしまうというものです。
基本は「ドアを重くすること」「厚みを作ること」のようですが、他にも遮音シートや防音材を仕込むなど、工夫を凝らして完成させている様ですね。

自分で作るとなるとかなり大掛かりな作業になり、時間もかかりますが、「隙間を作らない」「どうしても隙間ができてしまう部分は、テープを使って埋める」など、工夫をこらせば手作りでもある程度の防音は可能です。

しかし、本格的に防音をおこなうならば、やはりプロの防音業者に任せるのが良いでしょう。


まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.