無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

ギターに適した防音設備とは

意外と響くギターの低音

音にも響きやすいものと響きにくいものがある様ですが、特に低音は防音が難しいです。  「自分では少さめの音だと思っていても、低音は下の階に響いていた」ということも多々あります。

例え小さな音でも、周囲の家のことを考えるなら最低限でも「防音カーペット」を敷く必要があります。
防音カーペットは低音だけでなく、振動を減らしてくれる効果もあります。

また、「防音カーペット」だけではなく「二重窓」「防音ドア」など様々なアイテムを使って「トータルでの防音対策」を施すことが重要です。

「一箇所だけの防音」では、音が他の場所に逃げてそちらから外に漏れてしまいます。一箇所だけでなく、部屋のあらゆる隙間をなくす事、防音アイテムを満遍なく使用することが大切ですね。

可能であれば、しっかりとした防音室の設置や防音工事をおこなうのが望ましいです。


ギター用の防音室の遮音目安

ギターと言っても、エレキギターなのかアコースティックギターなのかによって防音対策も違ってきますね。

アコースティックギターなら30db(デシベル)、エレキギターなら35db程度以上の遮音性がある防音室が欲しいところです。

エレキギターの場合はできるだけアンプの音量を絞り、配慮をすることも大事です。

私は学生時代に、たいして弾けないにも関わらずアコースティックギター(フォークギター)とエレキギターを持っていました。 エレキギターと言うと凄くうるさい印象がありますが、アンプの音量を絞ればさほど音量も気にするレベルにはならないです。

また、防音室を作るなら、大きさは最低でも0.8帖以上が必要になるでしょう。 それ以上に小さいと、ギターのネックの部分が壁にぶつかってしまい上手く弾くことができません。







まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.