無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

ピアノ教室・音楽教室用の防音工事について

今は「ピアノの音」も騒音のひとつになっています。最初から「ピアノお断り」となっているマンションも多く、音に対する認識が厳しくなっていることが伺えます。

そんな中、マンションや商業ビル、あるいは個人宅で「ピアノ教室や音楽教室」を開くなら、周囲の住宅等への騒音対策を入念にしておく必要がありますね。


ピアノの音を防音する方法

ピアノの音を防音する為には、いくつかの方法があります。

  • ピアノの本体に防音する為のアイテムを取り付ける
  • 部屋の窓やドアなどを部分的に防音仕様にする
  • 防音室を作り、その中にピアノを入れる
  • 部屋すべてに防音対策をする

この中で、一番手軽にできる防音対策は「ピアノの本体に防音アイテムを取り付ける」「部屋の窓やドアなどを部分的に防音仕様にする」ですが、この二つに関しては期待するような結果を得ることができない可能性があります。

ピアノ本体に防音アイテムを取り付ける方法については、「防音パネル」などが主流になっていますが、防音パネルはピアノを覆うように付けることがほとんどなので、ピアノの澄んだ音がこもった感じになってしまうことが難点。

また、「部屋の一部のみに防音を施す」という方法に関しては、「そもそも防音対策というのは、部屋の一部に施してどうにかなるものではない」ということを知らなければなりません。音は、部屋のあらゆる隙間から漏れていくものですので、窓を二重窓にしたり防音カーテンをつけたりするだけでは、効果が限定的なのです。

ピアノ教室や音楽教室となると、音を出す時間もレッスンによって長くなりがちですので、なるべく音を外に漏らさない防音対策が必要になります。

全体をカバーできる防音対策を

ピアノ教室などは長時間におよんで音を出す必要がありますので、できる限り防音をすることができる設備を導入することが必要になります。

業務として音楽教室を運営するなら、できれば個人で防音アイテムを使って防音対策を行うよりも、業者に頼んで本格的な防音工事を行なった方がもちろんよいです。素人が個人でおこなえる防音対策だと、どうしても限界があります。

とにかく、防音は「隙間が無い様にする」ということが一番。しかも、工事の仕方によっては「隣の家には「音が聞こえないが、外には音が漏れてしまう」など、防音機能に差が出てしまうこともあります。 防音工事はどんな所でも「安い」ということは絶対に無いので、後から「工事しなおし」ということにならない為にも、業者と綿密な打ち合わせを行なってから施工すべきです。



まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.