無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

ダンス教室建築にあたって知っておくべきこと

ダンス教室でも、かなり大きな音楽を流してレッスンをすることがありますので、「周囲に迷惑をかけない様な工夫」を施すことが必要です。



遮音と防振に関して

まず遮音ですが、遮音等級は以下が目安となっています

D-65…普通にしていて、音があまり聞こえない

D-66…ほとんど音が聞こえてこない

D-55…かすかに聞き取れる程度

D-50…小さいが聞こえる

D-45…結構聞こえる

D-40…音楽が鮮明に聞き取れる

D-35…良く聞こえる

D-30…はっきりと聞こえる

D-25…音が大きいと感じる

D-20…相当音が大きいと感じる

D-15…ものすごく音が大きいと感じる

そして、こちらが床衝撃音の等級になります

L-30…子供が暴れても許される程度

L-35…床の上で少し飛んでも大丈夫な程度

L-40…周囲を気にすることなく、話をすることができる

L-45…多少配慮をしなければならない

L-50…生活するのに多少注意が必要である

L-55…注意を払えば問題なく生活することが可能

L-60…何とか我慢をすることが可能

L-65…小さな子供がいる場合、クレームにつながる可能性がある

L-70…上の階の音が木になる

L-75…注意していてもクレームになる

L-80…とても注意して生活をしなければならない



この中でおおよその目標としたい指数が、「遮音等級がD55から65の間」、「床衝撃音がL30から40の間」でしょう。



ダンス教室だからこその注意点

ダンス教室で問題になるのが、防音だけでなく「防振」です。防音については誰もが気をつけようと思いますが、意外と「防振」は気がつかないもの。ダンスをする場合、動けばどうしても床が揺れてしまいます。その振動音も馬鹿になりません。

また、「地下スタジオ」でも防音対策は必要です。地下にあると「土の中だから音は漏れない」と考えてしまいがちですが、実際には高い確率で響いてしまっていることがほとんど。自己判断するのではなく、防音業者と話し合いながら防音対策について話し合ってみて下さい。

大事なのは防音だけではない

ダンススタジオを作る為に必要なのは、防音対策や防振対策だけではありません。 例えばスタジオのデザイン性も重要です。 オシャレなスタジオとそうでないスタジオ、料金が同じくらいだったら当然「オシャレなスタジオ」の方を選びます。

また、ロッカールームやシャワー室が充実しているかどうかも大事。女性専門のヨガ教室などは、こういった場所にも気を使って設計を行なっています。「ここを使ってみたい」と思わせることができるかどうか、それがスタジオの人気にも繋がります。生徒の多さは、ひいてはその後の経営にも繋がりますので、細部までこだわって設計をおこないたいですね。




まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.