無料匿名で音楽用防音室・防音工事の見積を比較!

全国対応

防音室見積比較ネット

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-973-323 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

MENU

防音の豆知識

運営会社

防音室設置に必要な床の強度について

楽器を使用する人にとって、強い味方になってくれる防音室。  では、マンションなどの住宅に防音室を入れる場合、どの位の強度が必要なのでしょうか。



知っていますか?「荷重(積載荷重)」について

トラックに「4tトラック」など、「荷物を運ぶことが可能な重さ」がある様に、家にも「入れることが可能な重さ」が存在します。マンションなどの住宅の場合、一般的には1平米180キロ程度のものまでは入れることが可能です。 つまり、部屋の大きさを10平米とするなら、10×180キロが可能な重量ということになりますね。

しかし、この「1平米180キロまで」というのは、1平米に均等に荷物を置くということが前提です。 防音室はかなりの重量になりますし、設置は必ずしも「均等に」という訳にはいかなくなりますね。 場合によっては 床の補強が必要となる可能性もあります。

また、防音室を販売しているメーカーによっては「一部設置ができない住宅がある可能性がある」と記述しているところもあります。

防音室を設置することによって床が傷ついたり剥がれたりすることもありますし、強度的に防音室の設置自体が難しい場合もありえますので、「この防音室が欲しい」と「防音室を先に選ぶ」という形にするのではなく、設置場所の床の強度を調べてから防音室を選ぶ様にすることが大事です。

もちろん部屋全体をオーダーメードで防音室にする場合には、防音業者さんが床の補強等の必要の有無も考えて防音室を設計してくれます。




まずは、無料・匿名で、音楽用途の防音にくわしい防音業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す防音業者からの提案を受けてみませんか?

複数の優良な防音業者から、防音工事や防音室の「一括見積もり」が取得できます。

詳しくは、資料請求をして下さい
資料をお読みになり、防音室や防音工事についてじっくりと検討してみて下さい。
《音楽用》防音室見積比較ネットが、あなたの理想の防音室や防音工事のサポートが出来ることを願っております。

防音室・防音工事の『見積比較』をする←ここをクリック!

携帯・PHS OK!お急ぎの場合はお電話下さい。 電話番号0120-08-8458 受付時間:平日9:30~17:30(土日・祝日休)

Copyright(C)2010 cyber freedom Co., Ltd. All rights reserved.